cRomBiyori(仮)

私がハマっているゲームをメモる。理学療法士の資格を活かし身体に関する簡単な記事も書くかも。

【OW】ハンゾーの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

20200607000624dfd.jpeg
エイムの難しい弓を扱い高い1ピック性能と索敵能力を持つ。リワークにより小回りが利き、場所を選ばない安定した火力スキルを手に入れ汎用性が向上した。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り
 ▶相性の良い味方
 ▶対処法、アンチピック
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手)

パッチ1.56調整
【こちらに移転しました。】


■特徴


ハンゾー(Hanzo)
ダメージロール

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:200
火力:★★★★ 速射
機動力:★★★☆ 壁登り+横っ飛び
耐久性:★☆☆☆
汎用性:★★★☆ 索敵
適正距離:中距離
対空性能:★★☆☆ エイム力次第
ウルトの強さ:★★☆☆ 低速範囲攻撃
初心者オススメ度:★★☆☆ エイム力が必要


目次にもどる


■アビリティ


≪嵐ノ弓≫プロジェクタイル
ダメージ:29~125
ヘッドショット:あり
弾数:∞
リロード:なし
最大弾速:110m
距離減衰:なし

メイン射撃
弓を射って攻撃する。

矢は重力により緩い放物線を描くように飛ぶため、エイムが難しい。

長押しで引き絞ることでダメージ・弾速・飛距離が上昇する。
チャージ中は移動速度が低下するので、狙われないよう気をつけよう。

フルチャージには1.35sかかるが、最大250ダメージと多くのダメサポを確キルできる。

チャージ状態を維持したまま移動だけでなく、ジャンプや壁登りをすることができる。

撃たずにチャージを解除したい場合にはサブ射撃を押すと瞬時に解除できる。
殴り(メレー)でも解除できる。

距離減衰がないため、タレットの処理は得意。


≪壁登り≫パッシブスキル

ジャンプ長押しで壁を登る。

弓の性質上、下から撃つのはヘッドショットが難しいため積極的に高台を取っていこう。

体術と併用し逃走手段として使えると良い。


≪体術≫
CT:5s
移動距離:約8m

空中で水平ジャンプができる。

追加されたアビリティで小回りが利くようになった。

壁登りと合わせ、側面・高台を細かく取り圧をかけたり、逃走などに用いる。


≪鳴響矢水≫
ダメージ:嵐ノ弓、電光石火に準ずる
CT:12s
効果時間:6s
効果範囲:半径9m

弓にソナーを付け着弾点を中心に索敵を行う。

壁越しでも敵の位置が分かるようになる。

主に索敵、裏取りルートの警戒に用いる。

操作はメインか電光石火と同じ挙動を取る。


≪電光石火≫プロジェクタイル
ダメージ:70
弾数:5
ヘッドショット:あり
CT:10s
効果時間:5s

チャージ不要の矢を連続で放つ。

チャージがいらないため、移動速度は下がらない。

威力・本数がナーフされたため、以前より盾割り効率は劣る。
互いの構成、ポジションを見て盾割りに用いよう。

定点射撃が得意なため、タレットやバスティオンを素早く対処できる。

リワーク前の『矢散五裂』は瞬間火力はあったが場所を選ぶため、リワークにより汎用性が上がった。


≪龍撃波≫ULTプロジェクタイル
ダメージ①矢:125(ヘッショで2倍)
     ②ドラゴン:300?/s
詠唱:1.5s

放った矢から龍を召喚する。

矢と龍は壁やバリアを貫通する。

ウルトの回転率も良い。

高威力だが、移動速度が遅いため単独での使用はスカされやすい。

拘束するグラビトン・サージはとくに相性が良い。
強力なカウンターウルトである虹彩の回復量をダメージでほぼ相殺できるので、
フォーカスすることで虹彩を貫通することも不可能ではない。

長時間留まることを利用し、敵を分断・通路を封鎖する使い方は効果的。
20200606161750165.jpeg
20200606161758c99.jpeg
上記のリアルトA終盤、ルート66B終盤に通路を龍撃波で封鎖することで相手をポイントに踏ませず、押し切ったり


202006061617393c3.jpeg
花村Bのチョークポイントである右高台を抑える使い方も効果的。


目次にもどる


■基本的な立ち回り


基本的な立ち回りは
分類としてはスナイパーにあたるが、
ADSがなく偏差撃ちを要するため長距離で当てるのは難しい。

その為、中距離から
・盾割りしつつタンクに圧をかけるか、
・高台、側面からダメサポの1ピックを狙う立ち回りが基本となる。

壁登り、体術を活かし一つの場所に留まらず攻撃しよう。


目次にもどる


■相性の良い味方


タンクロールなら
火力が高く戦闘範囲が広いため比較的構成を選びにくい。

【Poke】
2盾を活かし中距離から圧をかけ接敵を許さない構成。
ドラゴン+ストップで簡易サージドラゴンが可能。

【Death Ball】
サージ+ドラゴンの強力なコンボを活かせる構成。


ダメージロールなら
対空性能は使用者次第だが、汎用性が高く味方を選びにくい。

ウィドウアッシュ【Double Sniper】
主にダイブタンクがヘイトを稼ぎ、その間に2砂で撃ち抜く構成。
砂は索敵でき火力を出しやすいハンゾーを軸にピックされやすい。
ハンゾーで見づらいファラ、エコーも見やすい。

・エコー
【Poke】のメイ枠。
メイより圧をかけやすく、エコーの機動力を活かし敵を崩しやすい。

・マクリー
対空性能が高く、ハンゾーの苦手なフランカーを対処しやすい。


サポートロールなら
ポジションの移動が多いため、離れても回復できるヒーローが望ましい。

バティストゼニヤッタ
【Poke】構成。
離れても回復できるが、高い盾割り性能が魅力。


目次にもどる


■対処法、アンチピック


タンクロールなら
【Dive】
近距離戦が得意でないため、フォーカスを合わせよう。


ダメージロールなら
ゲンジ
横だけでなく縦の動きを出せるため、アンチ筆頭。

ドゥームフィスト
キル速度が早く、奇襲を許すと厳しい。
鳴響矢水を活かし、奇襲される前にポジションを変えよう。

・トレーサー
細かいブリンクで狙いを絞らせにくいが、
フルチャージでなくともヘッショで事故りやすい。

ウィドウメイカー
遠距離であればあるほど有利。

・ファラ、エコー
ハンゾーのエイム力次第だが、基本的に分がある。
動きを読まれないように滞空しよう。


サポートロールなら
1ピックされないよう立ち位置に気をつけよう。

ルシオ
機動力を活かしタイマンを仕掛けキルに繋げよう。


目次にもどる


■総評


初期の頃は『矢散五裂』の理不尽火力に多くのタンク使いが泣いた。

電光石火へのリワーク、体術の追加で汎用性が向上し、環境に応じ台頭してきた。

現在はエコーの追加で【Poke】でアッシュにポジションを譲りつつあるが、
OWLでのワンポイント採用もあり、バフもされたので動向に注目したい。


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Classic Death Ball】
【Poke】
【Double Sniper】
【Pirate Ship】※海賊船or戦車とも言う
【Pharah Mercy 4DPS(Anti Goats)】(141)

参考になる有名なプレイヤー
・Arrge
・Wraxu
・Samito
など

オーバーウォッチ Overwatch フィギュア 【POP! Games Hanzo Vinyl Figure #348】

価格:5,480円
(2020/6/7 00:29時点)




【Overwatchリンクまとめ】


目次にもどる

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する