cRomBiyori(仮)

私がハマっているゲームをメモる。理学療法士の資格を活かし身体に関する簡単な記事も書くかも。

【OW】ジャンクラットの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

20200610193016bb6.jpeg
高威力のグレネード弾をばら撒き、マインを駆使したトリッキーな動きもできる。元ディフェンスロールということもあり防衛で強みを発揮しやすいヒーローである。



こちらに移転しました。

■ 目次


 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り
 ▶相性の良い味方
 ▶対処法、アンチピック
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手)


■特徴


ジャンクラット(Junkrat)
ダメージロール(元ディフェンス)

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:200
火力:★★★★ ヘッショ不要、罠
機動力:★★☆☆ 火力⇔移動が同一
耐久性:★☆☆☆ デス時爆弾ばら撒く
汎用性:★★☆☆
適正距離:(近~)中距離
対空性能:★☆☆☆
ウルトの強さ:★★★★ 高威力爆弾操作
初心者オススメ度:★★★☆ 操作シンプル


目次にもどる


■アビリティ


≪フラグ・ランチャー≫プロジェクタイル
ダメージ:120(直撃40+爆風80)
弾数:5
ヘッドショット:なし
リロード:1.5s

メイン射撃。
放物線の軌道を描くグレネード弾を放つ。

しばらくバウンドするか敵に当たると爆発する。

高威力だが、即着ではなく弾速も遅いので避けられやすい。
しかし、弾が長時間残る上に跳ね回るので事故りやすい。

DPSは高いので盾割り性能が高く、体の大きいタンクに圧をかけれる。

壁を反射するので、盾を無視しヒーロー本体・後衛に攻撃することもできる。

性質上、閉所・下り坂・狭い通路を封鎖する立ち回りが強力。

高台から撃てば放物線を描くので、体を出さずに攻撃できる。

自爆ダメージがなくなったので、裏取りから近距離で確実に弾を当てる動きも強い。

ファラやエコーなど空中の敵に命中させるのは非常に難しい。
(当てる人は当てる)


≪コンカッション・マイン≫プロジェクタイル※以下マイン
ダメージ:30~120(距離減衰あり)
爆破範囲:3m
CT:8s
ストック:2個
ノックバック:あり
弾速:25
起爆時間:0.1s

任意で起爆可能な地雷を投げ、壁や床に設置できる。

敵を爆破した際は、大きくノックバックさせる。

自身に爆破が当たると自身も大きくノックバックさせ、
・高台への移動や
・近距離で火力を出しつつ離脱することができる。

2個までストックできるようになり、
・1個を残し離脱用に取っておくか
・ジャンプ→不意打ちで攻めるか
立ち回りの幅が拡がった。

メイン(130)+マイン(120)で250族を即座にキルできる

地雷として使う際は、設置は1つしかできず2つ目を置くと1つ目が消える。

置いた直後にCTが開始するため、
設置した1つ目でジャンプ→2.3個目を即起爆で3段ジャンプすることができる


≪スティール・トラップ≫※以下罠
耐久値:100
ダメージ:80
CT:10s
拘束時間:3s

トラバサミを投げて地面に付くと設置し、引っかかった敵を拘束する。

山なりに投げれるが飛距離はない。

相手は壊すこともできるが、壊されたら通知が行くので裏取り警戒に使える。

罠にかかったら通知されるので仕留め切ろう。

マインと合わせて仕掛けることで罠(80)+マイン(120)で200族を確キルできる

罠は1つしか設置できず、2つ目を置くと1つ目は消える。
拘束中に罠を発動してしまうと、拘束が解かれるので注意しよう


≪トータル・メイヘム≫パッシブスキル
ダメージ:最大300
起動時間:0.7s

死亡時に爆弾を6個ばら撒く。

威力は高いが当たりづらく、おまけ程度に思っておこう。

自身の攻撃による自爆ダメージを受けなくなる効果が追加された。


≪リップ・タイヤ≫ULT※以下タイヤ
耐久値:100
ダメージ:60~600(距離減衰あり)
移動速度:10m/s
爆破範囲:10m
効果時間:10s(任意で起爆可能)
硬直時間:(爆発後)0.9s

任意のタイミングで起爆可能なタイヤ型の爆弾を遠隔操作する。

タイヤは自由に動かせ、
・移動速度が早く
・ジャンプに加えて
・ジャンプ押しっぱなしで壁を昇ることもできる。

起爆は任意で爆発範囲が広く、ダメージは最大600ととても高威力である。
さらにウルトの回転率も良く強力なウルトである。

発動中、三人称視点に切り替わる。
その為、壁を利用し敵の動きを見ながら襲える。

欠点はタイヤに耐久値が100あり破壊されること。

真正面から行くと簡単に破壊されてしまう。

その為、効果時間10秒を有効活用し、
死角や上に回って奇襲するとより効果的である。

効果時間があるためドロビのカウンターをスカしやすい。
虹彩は高威力のため貫通できる。

龍神剣などウルトをカウンターすることもできる。

タイヤ操作中は本体は無防備なので狙われると対処できない。
できるだけ隠れてから発動しよう。

起爆までの時間が早くなったので、
マインで相手陣地に飛び込み、即座に起爆する使い方もできる。

↓"RIPタイヤ"高台から奇襲する小技↓

最近、この方法を知りました(笑)


目次にもどる


■基本的な立ち回り


基本的な立ち回りは
盾割り性能が高いので盾割りで勝てるなら正面に集中しても良い。
盾割りで勝れば、タンクサポも火力を出しやすく優位を取れる。

その場合、相手は崩すために側面や裏取りを取るため罠で警戒しよう。
また側面などを取られると撃ち合いではジャンクラットは不利になりがち。
(距離が離れるほど当てづらい)

正面で圧をかけるだけでなく、時には裏取りしダメサポを確キルしよう。
(高レートのジャンクラットはこの比率、成功率が高く人数差を作る)

性能的に、防衛の方が強いポジョションで圧をかけやすい。
開幕はマップ次第で遠距離からリス地を攻撃でき、
リス地・道中に罠+マインを仕掛けることで無警戒な相手に大打撃を与えられる。

攻撃側では、不利な撃ち合いになりやすく練度が問われる。
マインで移動するにも、ストックを消費するので立ち回りも難しくなる。


目次にもどる


■相性の良い味方


タンクロールなら
マインが移動と火力スキルを併せ持つので、火力を出そうとすると逃げれなくなる。
その為、【Dive】の機動力に付いて行くのは難しい。

・メインタンク適性のあるハルト、オリーサ
盾持ちの構成が無難。

・ロードホッグ
互いに盾割り性能が高く、正面からフックを通しやすくなる。


ダメージロールなら
距離が離れるほど、撃ち合いに不利になりがち。
対空性能が低いので、ファラ・エコーを見れるとなお良い。

・ウィドウメイカー、アッシュ、ハンゾーらスナイパー
中・遠距離に強く、ジャンクラットが盾を割ることで1ピックしやすくなる。
ハンゾーは砂の中では盾割り性能が高いが、対空性能が低め。

・マクリー
対空性能が高く、ジャンクラットが苦手なフランカーに強い。


サポートロールなら
・バティスト、ゼニヤッタ
盾割り性能が高い組み合わせで、対空性能も高い。


目次にもどる


■対処法、アンチピック


事故に気をつけつつ、強ポジを正面突破するのは難しいのでルートを変える工夫をしよう。

タンクロールなら
互いの構成を見つつ検討しよう。
事故を考えると盾は欲しいところ。

ザリア
弾幕を張ってくれるので、パワーを溜めやすい。
パワーを溜められないようにフェイントを入れよう。
HPが低かったらバリアを割り仕留めよう。

・シグマ
グラスプで弾幕、マインを無効化でき、
盾で道中の事故もカバーしやすい


ダメージロールなら
ファラ、エコー
対空性能が低いので一方的に攻めやすい。
自身の練度を高め墜とせるようになるか、
出たらアンチピックしよう。

スナイパー、ヒットスキャン全般
距離が離れるほど、撃ち合いは不利。
タイヤの処理もしやすくなる。
状況を見てピックを考えよう。

フランカー
トレゲンは事故らせるもこともあるが、
機動力が高く対処しにくい。
戦えなくはないので、状況を見てピックを考えよう。

ドゥームは直線的な動きが多いので、
警戒すれば罠で事故らせやすい。


サポートロールなら
・バティスト
タイヤを壊すことができ、芋でカウンターもできる。

・ルシオ
甘いジャンクラットは機動力を活かしキルできる。
タイヤのカウンターはやや難しいが、
スピブで味方と素早く逃げれる。

・モイラ
タイヤをフェードでスカせる。


目次にもどる


■総評


前回のアップデートで使い勝手は向上したが、エコー追加による環境は向かい風か。

汎用性も高いとは言えず、使いどころは限られるが、
操作自体はシンプルで使いやすく、
相手の立ち回りも単調になりやすい低いレート帯ほど活躍しやすいだろう。


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Classic Death Ball】
【Orisa Hog】

参考になる有名なプレイヤー
・PVPX
・Jake
・Chro(Prolike Chro)
など

送料無料◆グッドスマイルカンパニー ねんどろいど オーバーウォッチ ジャンクラット クラシックスキン・エディション フィギュア (ZF53864)

価格:2,800円
(2020/7/12 01:00時点)



レゴ LEGO オーバーウォッチ ジャンクラット & ロードホッグ 75977 Import

価格:7,480円
(2020/6/10 19:23時点)




【Overwatchリンクまとめ】

目次にもどる


【OW】ドゥームフィストの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

20200624161717fb3.jpeg
パンチ、スラム、アッパーと格ゲーのようなコンボを扱い、フランカーとして変則的な奇襲を行うヒーローである。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り
 ▶相性の良い味方
 ▶対処法、アンチピック
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手)

こちらに移転しました。

■特徴


ドゥームフィスト(DOOMFIST)
ダメージロール

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:250
火力:★★★★ 高火力コンボ
機動力:★★★★ 変則的(練度による)
耐久性:★★★☆ シールド付与+逃げスキル
汎用性:★★☆☆
適正距離:近距離
対空性能:★☆☆☆
ウルトの強さ:★★☆☆ 範囲高威力
初心者オススメ度:★★★☆ 雑に強いフランカー


目次にもどる


■アビリティ


≪ハンドキャノン≫プロジェクタイル
ダメージ:6(×11発)
弾数:4
ヘッドショット:あり
リロード:オート(0.75秒で1回復)

メイン射撃:散弾
火力は割と高いが弾数・発射レートが低い。
離れるほど弾が拡散し当てにくい。

主に後述するスキルで接近した際、
ダメージを出しキルに繋げる。

取りこぼさないよう頭に当てていきたい。

後述するコンボの間に挟むとよりダメージを出せる。

ポジションでの待機中に攻撃したくなるが、
対してダメージを出せず、場所もバレるので、
我慢した方がよい。


≪ロケット・パンチ≫
殴りダメージ:49~100(チャージ時間に応じる)
叩きつけダメージ:49~150
CT:4s
射程:10~23m

多くのプレイヤーを泣かせた極悪パンチ。

長押しで力を溜め、離すと前方に突進して敵を殴り飛ばす。
敵が壁に当たると叩き付けの追加ダメージを与える。

吹き飛ばし中、スタンする。

チャージ中、移動速度は減少するが多少移動することができる。

チャージ中は隙となるので初動で使うときは、
高台から降りながら発動すると隙を減らせる。

ダメージ・移動距離はチャージ時間に応じて変動する。

パンチの最後にジャンプを行うとより遠くに移動できる。

慣性ジャンプ
パンチで移動中、障害物に当たる瞬間にジャンプすると大ジャンプできる。
後述するアッパーよりCTが短いので徐々に慣れていこう。

ダイアゴナルパンチ
・斜めの地形をパンチで駆け上ることができる。
高台スナイパーらに不意打ちができる。

・段差を利用しパンチで駆け上ることができる。

↓Branditoによるダイアゴナルパンチ講座↓
日本語字幕はありませんが分かりやすいです!



吹き飛ばしを利用し環境キルを狙えるが、
避けられると自身が落ちるので気をつけよう。


≪サイズミック・スラム≫
ダメージ:10~125
CT:6s
射程:15m

飛び込んで地面を砕き、前方を衝撃波で攻撃する。

衝撃波は敵を少し浮かせ引き寄せる。

高台などから距離を稼ぐことで威力が上昇する。

通常はゆっくり飛び込むが、
空中にいるとターゲットが出現し、
スラムを使うと挙動が変わり、素早く奇襲できる。

飛び込んでる際に向きを変えることができるので、
後方に回り込めるとより効果的。

同じ高さにいる遠くのスナイパーなどには
パンチ→スラムで遠くから奇襲できる。

この場合、逃げスキルを温存できないので、
攻める状況を見極め、キルに繋げよう。

最大火力を出すため、
マップに応じたバランススポットを徐々に覚えていこう。


≪ライジング・アッパーカット≫
ダメージ:50
敵の硬直時間:0.6s
CT:6s

敵を上空に殴り飛ばす。
自身は飛び上がったあとゆっくり降下する。

当てた相手は空中で移動が制限されるので、
メインで追撃してキルを狙おう。

高台への移動にも使えるが、
パンチよりCTが長いので、
徐々にパンチに慣れよう。

コンボ中アッパーの直前にメインを挟むと
より安定してダメージが出せる。


≪攻撃は最大の防御なり≫パッシブスキル
自身にシールドを付与する。

・アビリティを当てる→+30シールド
・ウルトを当てる→+75シールド

最大で150シールド付与される。

シールドは3/s減少する。

スラムの衝撃波は複数に当たるため、
シールドを稼ぎやすく、
コンボはスラム初動が主な流れとなる。


≪メテオ・ストライク≫ULT
ダメージ:20~300(中心から離れるほど低下する。)
効果範囲:7m

飛び上がってマップから離脱し、サークル状のターゲットを地面に出現させる。
その後、時間経過かボタンでサークル位置に落下し、周囲にダメージを与える。

サークル出現時、通常の1.5倍のスピードで移動ができ、見下ろし視点に変更もできる。

見下ろし視点だとサークルがオブジェクトの上に移動するので高台にも狙いをつけられる。

攻撃時、落下までラグがあるので、
オブジェクトに飛び最大パンチやスラムを叩き込む使う方もできる。

上級者は、高いオブジェクトに飛びファラをも仕留める。

威力は高いが、落下地点確定後に範囲が表示されてから攻撃するため、
離れられ最大ダメージを与えるのは難しい。

移動スキルのない敵の動きを読んで当てるか、
サージ、ストップなどに合わせたい。

コンボ→ウルトでCTを稼ぎ攻撃→コンボで
より前線で暴れることができる。

合わせにくい時は、
確実な逃げスキルとして使う人もいる。


目次にもどる


■基本的な立ち回り


基本的な立ち回りは
地形に応じて
・スラム→アッパー→パンチ
・パンチ→アッパー→スラム
のコンボで奇襲して自陣に帰ってくる流れを繰り返す。

復帰が早いので2キル以上取れるなら敵地で暴れるのもあり。

練度が上がれば予測の難しい奇襲を仕掛けることができ、
相手は対応に苦戦することだろう。

機動力がスキル依存なので、
CCで止められると脆い。
その場合はピックを変えよう。


目次にもどる


■相性の良い味方


タンクロールなら
・メインタンク
1ピックを取り自陣に戻るので盾持ちがいると良い。

オリーサ
壁際にストップで敵を集めパンチで1ピックを狙える。
当てづらいメテオとストップの相性も良い。

ザリア
バリアを付与することでドゥームを止めるのがより困難となる。
当てづらいメテオとサージの相性も良い。

・【Dive】
ドゥームの機動力が地形依存なので、
ドゥームのタイミングを見計らおう。


ダメージロールなら
対空性能が低いのでカバーできるとなお良い。

ソンブラ【Hack Fist】
ハックでスキルを封じドゥームを止められにくくする構成。


サポートロールなら
・ブリギッテ、ゼニヤッタ
敵地で暴れてるドゥームを盾を無視し回復できる。

・アナ
離れても回復でき、単体ナノブも強力。
コンボの初動で付けるようにしよう。
帰還時に付けるとCTが勿体ない。

・マーシー
ドゥームに引っ付きダメブにより取りこぼしが減る。
ドゥームの練度に依存する。


目次にもどる


■対処法、アンチピック


奇襲を常に警戒しよう。
壁から離れパンチ確キルのリスクを減らすのもよい。

タンクロールなら
【Orisa Hog】
フォーティファイで肉壁
ストップ+フックで逃がさずキルできる。


ダメージロールなら
ソンブラ
ハックで機動力を封じれる。
後手に回ると1:1交換になるので、
先に仕掛けたい。

・リーパー
レイスでコンボをスかすことができ、
近距離で負けることはない。

マクリー
奇襲は怖いがフラバンで逃さずキルでき、
遠くから攻撃し飛び込みづらく牽制できる。


サポートロールなら
・ブリギッテ、モイラ
バッシュで相殺、フェードでスかせる。

・アナ
練度次第だが、スリープで止めれる。


目次にもどる


■総評


実装時から理不尽1ピックで忌み嫌われているヒーローの一人。

上を目指すとなるとマップ理解と練度を要するが、
初心者はコンボで荒らし帰還する流れだけでも強く
フランカーの中では扱いやすい部類とも言える。
(そのぐらい雑に強い。)


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Hack Fist(Disruption Dive)】
【Dive】
【Double Protect】※2枚盾初期

参考になる有名なプレイヤー
・ChipSa
・Sinatraa
・Brandito ロールアウト(パルクール)上手い
・GetQuakedOn ロールアウト(パルクール)上手い
など

オーバーウォッチ Overwatch フィギュア ビニールフィギュア【POP! Games Doomfist Vinyl figure】

価格:5,480円
(2020/6/24 16:20時点)



[FUNKO(ファンコ)] FUNKO POP! KEYCHAIN: Overwatch - Doomfist <オーバーウォッチ>

価格:1,533円
(2020/6/24 16:21時点)




【Overwatchリンクまとめ】


目次にもどる


【OW】ソルジャー76の特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

201806190833379f1.jpeg
ヒットスキャンのアサルトライフルを武器とし、走れる・回復できる点から汎用性が高く初心者にも使いやすいヒーローである。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り
 ▶相性の良い味方
 ▶対処法、アンチピック
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手、解説動画)

パッチ1.61調整
【こちらに移転しました】


■特徴


ソルジャー76(SOLDIER76)
ダメージロール

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い


HP:200
火力:★★★☆
機動力:★★★☆ ダッシュ
耐久性:★★☆☆ 範囲回復
汎用性:★★★★
適正距離:中距離
対空性能:★★★★
ウルトの強さ:★★☆☆ ロックオン⇔HS×
初心者オススメ度:★★★☆ リコイル制御要す


目次にもどる


■アビリティ


≪ヘビー・パルス・ライフル≫ヒットスキャン
ダメージ:5?~19
装填数:30
ヘッドショット:あり
リロード:1.5s

メイン射撃。火力もあり射程もあるため、中距離での戦闘を得意とする。

弾を打ち続けると拡散するため、長距離は不向き。長距離でも火力を出せなくはないが、拡散しない範囲で撃たなくてはならず、かつエイム力を要する。
拡散が撤廃され、リコイル制御が必要となったがより長距離で安定した火力が出せるようになった。


≪ヘリックス・ロケット≫
ダメージ:120(直撃)、爆風:最大80
CT:6s
自傷有り

爆発するロケット。瞬間的に火力を出せるため、ファイナルブロウを取るときに使おう。
ソンブラを相手にするときは、ロケーターで逃げられないようファイナルブロウに取っておくこと。

爆発ダメージもあるため、素早いキャラの足元を狙うのも有効。また複数人にダメージが入るため、ザリアのサージ、オリーサのストップ等に合わせよう。

アーマーを持ったタンクやバスティオンを相手にするときは、先にロケットを当てよう。アーマーを削り、メインウェポンの火力を活かせる。覚えておこう。

足元に撃つことで、爆発の衝撃を利用して一部の高台に登ることが可能。登れるように練習しておこう。


≪バイオティック・フィールド≫
回復量:40/s
効果時間:5s
CT:15s

自身だけでなく、範囲内の味方も回復可能。

自身が継続的に有利な場所に居座り火力を出したい時や、前線のタンク陣の回復も補助的に行うことができる。

ダメージロールだが回復もできるため、回復力の乏しいサブヒーラー(ブリギッテ、ルシオ、ゼニヤッタなど)がピックされた時も心強い。


≪スプリント≫
移動速度:+50%
CT:なし
パッチ1.34にて使用後の射撃開始までの時間を0.5s→0.3s

前方にダッシュが可能。ダッシュしながら攻撃は出来ない。

壁は登れないが、素早く自身の得意な間合いである高台に移動できる。

リーパー、D.vaなどが接敵する前に逃げよう。苦手な相手の動き、足音に気をつけよう。


≪タクティカル・バイザー≫ULT
効果時間:6s

発動中オートエイムになる。発動時素早くリロードされるため、弾切れ時に使うと良い。

火力は変わらずヘッドショット判定がなくなるため、決定打に欠ける。

ウルト使用時のゲンジ・マーシーへのカウンター、空にいるファラ、素早いトレーサー・ルシオなどを落とすときに使おう。

バイオティック・フィールドと同時に発動すると、設置するモーションをキャンセルできる。覚えておこう。

パッチ1.34にてターゲットに「RIPタイヤ」「イモータル・フィールド」追加


目次にもどる



■基本的な立ち回り


基本的な立ち回りは
状況にもよるが、高台から撃ち下ろすのが基本となる。ファイナルブロウを取るのも役目。

盾割も大事だが盾の範囲外であるダメージ・サポートヒーローを狙いたい。

乱戦には不向きであるため、ウィンストン・D.Va・ゲンジなどに詰められそうなときは詰められる前に逃げよう。

ファラを落とすのはソルジャー76の役目である。マーシー付きである時は分が悪いため、ウィンストン・D.Va・アッシュ・ウィドウメイカー・マクリー・アナ・ゼニヤッタ・バティストなどチームで合わせて対策しよう。

エコーも滞空ヒーローとして追加されたが、ソルジャーのウルトは比較的強くないため対エコーとしてもピックしやすい。


目次にもどる



■相性の良い味方


タンクロールなら
アサルトライフルの性質上攻撃時は顔を出し続ける必要がある。
なので基本的には盾を持つオリーサ、ラインハルト、シグマらメインタンクと相性が良い。


ダメージロールなら
ソルジャーは自己完結しているためどのヒーローとも相性は悪くない。
・気を引き火力を出させるフランカードゥーム、トレーサー、ゲンジなど
・フランカーに強いマクリー、シンメトラ、トールビョーン
・遠距離で撃ち合えるスナイパー
・近距離戦で強いリーパー、メイ
などが挙げられる。


サポートロールなら
ソルジャーは自己回復を持ちダッシュでパックも素早く取れるためどのヒーローでも戦える。
・ウルトを合わせると強力なバティストアナ
・フランカーに強く離れても回復できるブリギッテ
・ダメージブーストが活かせるマーシー
・回復力の低いゼニヤッタ(味方の負担が減る)
などは相性が良いと言える。


目次にもどる



■対処法、アンチピック


乱戦に弱いため【Dive】でフォーカスが手っ取り早い。
【Double Protect】なら立割りにかなり有利に進めれる。

タンクロールなら
・シグマ
高台を取っても盾で射線を抑えられる。

・ウィンストン
高台に対応できる。ジャンプ着地時により逃げれるよう背を向け逃げよう。

・D.va
高台に対応でき、ウィンストンより高火力でキルを取りやすい。ブースターで接敵されぬよう逃げよう。


ダメージロールなら
・ゲンジ
高台に対応しやすく、ロケットは木の葉返しで返される。木の葉返しを見てから、ロケットは足元に撃つなどしよう。

・トレーサー
ロケットには注意が必要だが間合いでは有利。リコールで逃げられないよう、体力を見てロケットを当てるか足元に撃ちキルに繋げよう。ロケット+殴り(メレー)で確キル。

・ドゥームフィスト
奇襲できる場所にいるならほぼキルできる。ドゥームフィストに詰められないよう常に位置に警戒しよう。またソンブラに変えよう。

・ハンゾーアッシュウィドウメイカー
対面の高台に行け、より遠い距離で分がある。ミラーかフランカーに変更しよう。


目次にもどる



■総評


汎用性が高く、攻撃・防衛時どちらでも安定した活躍が期待できる。

中距離を得意とするため戦況を見やすい。オーバーウォッチで重要な押し引きを学ぶのにはうってつけであるため、初心者にオススメである。

エイム力が火力に直結するため、ダメージ・サポートヒーローを落とせるよう練習しよう。

高い汎用性ゆえ器用貧乏にもなりやすい。苦手なヒーローを対策できるよう、他のダメージロールも練習しておこう。

パッチ1.53にてメイン射撃に反動が追加。
リコイル制御は初心者には難しく、ウルトはオートエイムとコンセプトが崩れてきている気がします。


目次にもどる


■関連リンク(構成と有名選手)


主に使用される構成
【The "Selhless"】
【The 231】
【Triple DPS Dive】(132)
【Sombla as Support】(231)
【The "N.I.P" Triple Tank】(ソルジャー全盛期)
【The ”EnVyUs” Triple Tank】(ソルジャー全盛期)

参考になる有名なプレイヤー
・Dafran
・Kabaji
・Gale
など

↓Kabajiによるソルジャー76対ヒーロー解説(日本語字幕あり)↓



【特典】ねんどろいど オーバーウォッチ ソルジャー76 クラシックスキン・エディション[グッドスマイルカンパニー]《発売済・在庫品》

価格:4,180円
(2020/5/4 20:07時点)




【Overwatchリンクまとめ】
【"ゴールド帯"から"プラチナ帯"に上がるためのポイント5選】

目次にもどる


【OW】ウィドウメイカーの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

20200626235107ba9.jpeg
スナイパーとしてフックによる長距離移動と最大300ダメージを連発できる高火力が魅力。エイム力が最も必要とされるヒーローである。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り
 ▶相性の良い味方
 ▶対処法、アンチピック
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手)

1.61パッチ調整
【こちらに移転しました。】


■特徴


ウィドウメイカー(WIDOWMAKER)
ダメージロール

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:175
火力:★★★★ ヘッショ前提
機動力:★★★☆ 長距離移動
耐久性:★☆☆☆
汎用性:★★☆☆
適正距離:遠距離
対空性能:★★★★ ADSあり
ウルトの強さ:★★☆☆ 一定時間索敵
初心者オススメ度:★☆☆☆ エイム依存


目次にもどる


■アビリティ


≪ウィドウズ・キス≫ヒットスキャン
弾数:35
リロード:1.5s

メイン射撃:アサルトライフル
ダメージ:13
ヘッドショット:あり

主に
・サブで1発当てた後ローの敵をキルしきる時
・近距離で絡まれてる時に使う。
(サブだと移動速度が下がり良い的になる)


サブ射撃:スナイパー
ダメージ:17~120
消費弾数:一律5(計7発)
ヘッドショット:あり(2.5倍)
距離減衰:60‐85mの距離で最大50%
移動速度:65%低下

こちらがメイン運用となる。

フルチャージヘッショで300ダメージと多くのヒーローをワンパンできる。

スナイパーながらこの火力を連発できる凶悪さ。

胴撃ちならハンゾーに劣るので、
あくまでヘッショできるエイム力があって活きる。

視野が狭くなり、移動速度も下がるので、
フランカーの接近に気を配ろう。


≪グラップリング・フック≫
CT:12s

フックを射出して、離れた場所に移動できる。

ポジションを変えながら狙撃していこう。

フックで移動先に着く直前でジャンプすると
慣性で飛ぶことができます。

飛ぶことで盾を無視しキルを狙える。


≪ヴェノム・マイン≫
ダメージ:15/s 計75
CT:15s
効果時間:5s

毒ガスを放つ罠を設置する。

触れた敵にダメージを与え壁越しに見えるようになる。

主に裏取り警戒に使う。


≪インフラサイト≫ULT
効果時間:15.5s

敵の位置をウォールハックする。

味方も位置を見ることができる。

自身がデスすると効果が切れるので注意しよう。

当たり合う直前に使うことで、
相手の動きが読みやすくなり、
相手は狙撃を警戒し
迂闊に攻められなくなる。


目次にもどる


■基本的な立ち回り


基本的な立ち回りは
盾割り性能が低いので、
長距離から敵を直接撃ち抜く立ち回りとなる。

フックでポジションを変えながら、
イージーショットを狙っていこう。
(無警戒の敵を撃ち抜くこと。)

フックはCTが長く唯一の逃げスキルなので、
使いどころを見極めよう。

オーバーウォッチは動きが早いので、
ハードショットはなお難しい。
(警戒している相手を撃ち抜くこと。)

展開も早いので、
撃ち抜けないと5対6状態になり、
味方の負担となる。

ウルトはあくまで補助スキルなので、
エイム力がないと逆転も狙えない。

そのような状況になる前にピックを変更しよう。


目次にもどる


■相性の良い味方


タンクロールなら
盾裏で撃たないので構成を選びにくい。

【Dive】
機動力を活かし、相手に対応を強いるので
前線がヘイトを稼いでいる間に撃ち抜こう。

・レッキング・ボール
パイルで浮いた敵を撃ち抜こう。


ダメージロールなら
・ファラ【High Dive】
タンク、ファラがヘイトを稼いでいる間に撃ち抜く構成。

・ハンゾー、アッシュ【Double Sniper】
異なるポジションから狙撃することで、
射線を通しやすくする構成。

定期的に索敵でき、1ピック力の高い
ハンゾーと組むことが多い。

・ドゥーム、トレーサーらフランカー
前線をかき乱し、ウィドウが狙撃しやすくなる。


サポートロールなら
離れてることが多いのでどちらかは回復できるヒーローだと良い。

・ブリギッテ
前線に圧をかけつつ、離れてるウィドウを回復できる。
リペアパックでHPの底上げをすることで砂の撃ち合いで有利となる。

・アナ、バティスト
負担となるタンクの回復が得意。
固まりがちならバティスト
離れがちならアナ


目次にもどる


■対処法、アンチピック


位置を警戒しつつ撃ち抜かれないようしゃがみ歩きしよう。
フック使用後逃がさずキルに繋げよう。

タンクロールなら
【Dive】
近距離戦に弱いので先に狙って人数差を作ろう。

【Double Protect】
シグマの盾で射線を切ろう。
175族化で岩+メイン2発(180)で確キルできるように。


ダメージロールなら
・ウィドウメイカー
砂対決に自信があるなら。
砂対決を制すれば自由に狙撃できる。

ゲンジ
高台のアクセスが容易で、
狙撃を木の葉返しでいなせる。

・ドゥームフィスト
奇襲性が高いがマップを選ぶ。


サポートロールなら
撃ち抜かれないよう警戒しよう。

・ブリギッテ
盾もあり狙撃を防ぎやすい。

・マーシー
GAを活かし避けることで、
ヘイトを稼ぎ味方の負担が減る。


目次にもどる


■総評


スナイパーながら高火力を連発でき、
とても映えるヒーローである。

しかし、撃ち抜けないと味方の負担が重く、
エイム力に依存した性能のためとても難しい。

スナイパーなら先ずは、アッシュから触り
自信が付いたら使うことをオススメします。


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Double Sniper】
【High Dive】
【Pharah Mercy 4DPS(Anti Goats)】(141)
【DeathMatch】
【Pick Comp】

参考になる有名なプレイヤー
・Kephrii
・Carpe
・Pine
・Surefour
・ANS
など

【Overwatchリンクまとめ】


目次にもどる


【OW】マクリーの特徴と立ち周り、対処法【オーバーウォッチ】

20190221162126759.jpeg
中距離トップクラスの火力近距離タイマン最強の性能を併せ持つ。自己回復、機動力はなくとも、攻撃は最大の防御を体現したヒーローである。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り、対処法
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手)

1.60パッチ調整
【こちらに移転しました。】


■特徴


マクリー(McCree)
ダメージロール

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い


HP:225
火力:★★★★ スタンあり
機動力:★☆☆☆
耐久性:★★☆☆ 
汎用性:★★★★
適正距離:中距離(近距離1on1)
対空性能:★★★★
ウルトの強さ:★★☆☆ 即死ダメ⇔無防備
初心者オススメ度:★★☆☆ エイム依存


目次にもどる


■アビリティ


≪ピースキーパー≫ヒットスキャン
ダメージ:35~70
装填数:6
ヘッドショット:あり
射撃レート:0.5s
リロード:1.2s

メイン射撃。リボルバーから弾丸を放つ。

1秒間に2発撃て連射速度は速い。

高精度即着と非常に優秀で対ファラも得意と言える。ファイナルブロウを取るのはマクリーの仕事である。

有効射程距離は20mでこの範囲だと70ダメージを与える。
20m~45mで威力が減衰し最低35ダメージとなる。


≪ファニング≫
ダメージ:25~50×残数
HS:無し

サブ射撃。ピースキーパーの残弾を撃ち尽くす。

射程18m以内は1発50ダメージ×最大6発=300ダメージ
18m~30mで威力が減衰し、30m以上では25ダメージとなる。

精度もメインと違い悪く距離減衰もあるため、近距離で高火力を出したい時に使おう。

単発よりDPSが上がるため、盾割りや近距離でタンクを狙う際はファニングを用いよう。

しかし、自己防衛手段のないマクリーにはリロードすら致命的となることは多い。メイン射撃あってのファニングであることを忘れてはならない。


≪フラッシュバン≫※通称フラバン
ダメージ:25
CT:10s
スタン時間:0.8s

マクリーを近距離最強とする強力なアビリティ。手榴弾を投げ当たった敵をスタンさせる。

射程は5mでこれを超えるか相手に当たると炸裂する。

有効範囲は2mと広く、ハルト、ブリギッテの盾の上に投げたりゲンジの木の葉返しを避けスタンさせることが可能である。

スタンさせるためリーパーやホッグなどのウルトを中断でき、発動に少し時間のかかるメイやルシオなどのウルトも不発にすることができる。(後者は難しいが)

発動後射撃に移るまで0.35秒と早く、メイン、ファニングが間に合う。エイムに自信がありヘッドショットできるなら後続も考えて単発メインの方が良いが、キルし損ねるぐらいならファニングで確実にキルした方が良い。

このフラバンのおかげで近距離で厄介なトレーサー、リーパーらを逃がすことなくキルすることができる。フラバンを警戒し相手も動くため、自身が見るべき相手を見極め使いどこに気をつけよう。


≪コンバット・ロール≫
CT:6s
移動距離:約7m

進行方向に前転し、リロードする。

主にリロードとして用いるが、0.5秒で動作を終えるためタイマン時には有効である。

フラバン(25)→ファニング(300)→ロール→ファニング(300)で理論上最大625ダメージを出せる。
※実装時はファニング1発70×6発=420で最大865ダメージ出せた(笑)


≪デッド・アイ≫ULT
ダメージ:即死(250~550ダメージ/s)
移動速度:-65%
効果時間:6s

発動後画面内の敵を捕捉し、即死ダメージの即着弾を放つ。
ロックが完了している敵であれば画面外でも発射可能に。(振り向きに判定が発生するように)

捕捉にかかる時間は敵のヘルスに依存する。
捕捉しきれずに発砲してもそれまでのダメージを与え、貯まったダメージは敵が隠れてもリセットされない。

効果時間は長いが発動中足が遅くなり自身が発光し目立つため対処されやすい。欲を出すとキルできずに終わってしまうため、ダメージ・ヒーラーを1体でもキルできれば十分と考えとくとよいだろう。

D.vaのDMで防がれたり、ゲンジの木の葉返しでは自身が即死するため注意しよう。

無防備であるがロマンあるウルトゆえ裏取りや高台で発動しがちだが、マクリーの低機動力では移動の間味方は不利を強いられる。人数差を作れれば有利なのがオーバーウォッチである。回転率は良いため、敵のアビリティに気をつけ積極的に使っていこう。

シグマのウルトに対しカウンターとして使うと、空中から補足できより多く狙いやすい。前転と合わせ自身から効果範囲に入ることも検討しよう。

裏取りはハルトのシャタ―同様に、チームキル後のグループアップ中に狙えれば味方に負担もなく効果的である。

自身が守られてる状態なら盾割りとして強力で味方のサージとは相性が良い。また即死ダメージのため、ゼニの虹彩でも防ぎきれない点は優秀。

発動時にリロードするため、キャンセルすることでリロードとして使うことも可能。



目次にもどる


■基本的な立ち回り、対処法


基本的な立ち回りは
盾の後方で撃ちながら、状況を見てファニングで盾割りする、単独でヒーラーを落としに来たフランカー、リーパーなどを処理するのが基本となる。

シューターであるため高台から撃ちおろすのは強力だが、機動力がないため攻撃ではアクセスに時間がかかりすぎ前線の負担となる

防衛であれば事前に高台を位置取るのもよいが、継戦能力は低いためヒーラーの回復できる範囲をより意識した立ち位置が重要である。また乱戦に弱いため、孤立しないよう味方とすぐ合流できるとなお良い


対処法として
乱戦に弱いため【Dive】構成には不利。ヒーロー毎の相性は良いものの複数で迫られると対処しきれない。味方の構成、連携にもよるがリーパー、バスティオンなどへの変更も視野に入れよう。


タンクロールなら
・ザリア
フランカーを守れ、近距離ではバリアでフラバンから自衛され返り討ちになることも。
中距離を徹底し、味方とフォーカスを合わせてキルしよう。

・ロードホッグ
的ではあるものの、機動力のないマクリーはフックで捉えやすい。
フックに捕まらないよう盾、遮蔽物を生かして立ち回ろう。

・D.va
DMでフラバンを防がれメインミサイルでゴリ押しされることも。孤立した高台のマクリーは相手も見ようとする。
D.vaを接近させぬよう動きに気を配り、突進された際に味方に合流できるよう意識して立ち回ろう。

・シグマ
機動力のないマクリーはシグマの盾に射線を抑えられやすい。
盾割り性能は高いので味方の構成が盾割りで勝るならあり。またシグマのウルトにデッドアイがカウンターとして働く。


ダメージロールなら
ウィドウメイカーハンゾーアッシュ
中距離でマクリーの火力を上回る。遠距離ではなすすべがない。また機動力のないマクリーは格好の的である。
フランカーに変更、構成を【Dive】にすることを考えよう。

バスティオン
火力で上回れ、機動力のないマクリーでは分が悪い。
相手と味方の構成を見てハンゾー、ゲンジ、ファラ、メイ、ジャンクラット、ソンブラなどに変更しよう。

・ゲンジ
役割対象だがフラバン、デッドアイに対し木の葉返しが厄介。
フラバンは直撃を避け、木の葉返し使用後の隙を逃さないようにしよう。


目次にもどる


■総評


中距離ヒーローながら近距離タイマンでも強いのがマクリーの強みである。その為、機動力こそないものの対応できる範囲が広く汎用性は高いが、エイム力に依存するためお手軽なヒーローとは言いにくい。

エイム力を磨きながら、機動力のあるヒーロー、乱戦に強いヒーローも練習しておこう。


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Classic death Ball】
【Rush Comp】
【3 Healer】(213)
【Orisa Hog】
【Orisa TB】
【Pick Comp】
【Ciassic Anti Dive】(312)


参考になる有名なプレイヤー
・Pine
・Wanted
・"AIMBOT"Calvin
・Taimou
・Surefour
・Carpe
・Effect
など

送料無料◆グッドスマイルカンパニー オーバーウォッチ ねんどろいど マクリー クラシックスキン・エディション フィギュア (ZF59082)

価格:2,980円
(2020/5/26 13:26時点)




【Overwatchリンクまとめ】


目次にもどる