cRomBiyori(仮)

私がハマっているゲームをメモる。理学療法士の資格を活かし身体に関する簡単な記事も書くかも。

【OW】ルシオの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

20200710033621311.jpeg
範囲回復だけでなく、唯一無二のスピブで押し引きを支援できる。ブープによる自衛力も高く、初心者~上級者まで使われるサポートヒーローである。



こちらに移転しました。

■ 目次


 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り
 ▶相性の良い味方
 ▶対処法、アンチピック
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手)


■特徴


ルシオ(Lucio)
サポートロール

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:200
火力:★★☆☆
機動力:★★★★ 壁走り
回復力:★☆☆☆ 範囲回復
耐久性:★★★☆ 自己回復+ブープ
汎用性:★★★☆ 味方の移動速度↑
適正距離:近(~中)距離
対空性能:★★☆☆
ウルトの強さ:★★★★ 範囲シールド付与
初心者オススメ度:★★★☆ 立ち回りに集中できる 


目次にもどる


■アビリティ


≪ソニック・アンプリファイア≫プロジェクタイル
ダメージ:20
弾数:20
ヘッドショット:あり
リロード:1.25s

メイン射撃:4連バースト
高精度で距離減衰がなく、弾が大きめで当たりやすい。
反面、偏差撃ちを要し弾速は遅め。

牽制だけでなく、タレットの処理は積極的にしよう。

アナ、バティストのように回復と攻撃を撃ち分ける必要がなく、
エイムに集中しやすく初心者にも使いやすい。


≪クロスフェード≫
CT:なし
範囲:12m

後述するヒーリング・スピードブーストを切り替えるアビリティ。

ルシオの周囲にいる味方にのみ効果が乗るので、
多くの味方を範囲に入れ、単独行動はなるべく控えよう。


ヒーリング・ブースト
回復:16.25/s
自己回復:13/s

範囲内の味方を回復する。

基本的にはこちらの回復がメインとなる。

味方の周囲で回復しつつ死なないことを大前提に立ち回ろう。


スピード・ブースト※通称スピブ
移動速度:+20%

範囲内の味方の移動速度を上昇する。

このスピブの使い所の奥深さがルシオの難しいところ。

・チョークポイントなどを素早く抜ける時
・人数差が有利で敵を殲滅する時
・回復が間に合わず被弾を抑えたい時
・有利な場面でリス地の味方を迎えに行く時
・ドロビで攻める時
辺りが主なタイミングになるか。

味方との相性も大事で、
接敵まで弱く近距離に強いヒーローと相性が良い。
例:ハルト、リーパーメイなど


≪アンプ・イット・アップ≫
持続時間:3s
CT:12s

回復、スピブの効果を上げる。

CTが長いので使いどころを見極めよう。


ヒーリング・ブースト
回復:47/s
自己回復:37.5/s

スピード・ブースト
移動速度:+50%

こちらも主に回復で使うが、
・コントロール開幕で素早く移動する時
・速攻をしかける時(連携難易度高い)
・ウルトから素早く避難する時
などはスピブをより活かせる。


≪サウンドウェーブ≫※通称ブープ
ダメージ:25
CT:4s

衝撃波で近距離の敵をノックバックする。

・近距離で強いリーパーなどと距離を取る
・環境キルを狙う
・有利ポジの敵を落とす
・敵をずらし味方を守る(カバーする)
・マーシーの蘇生を妨害する
などが主な使いどころか。

フックで吊った敵に使ってしまい、
逃してしまうことのないように使いどころを見極めよう。

後述する壁走りによる不意打ち、
ブープによるエイムずらしでダメサポタイマンを制しやすい。

しかし、その間味方はサポートが
1人落ちてる状態になるので、
リスクとリターンを考えて立ち回ろう


≪ウォール・ライド≫パッシブスキル
移動速度:+40%

壁に張り付き、移動速度が上昇する。

まず設定
「後ろ向きウィールライドを有効にする」
この設定を行うことで
壁を背にしても張り付くことができる。

若干慣れが必要だが、慣れれば高所取りや自衛手段等
幅広く使えるので習得しておいて損は無いだろう。

デフォルトの×ボタンジャンプではやりづらいと思うので、
やりやすいボタン配置を設定しよう。
(L1か2が多い印象。私はL2です。)


≪サウンド・バリア≫ULT
シールド付与:750
持続時間:最大6s(-83.3/s)
範囲:30m

周囲の味方にシールド750を付与する。

発生までラグがあるので、
発動タイミングが遅れないよう気をつけよう。

また、スタンなどで不発にされないよう気をつけよう。

ゼニの虹彩同様優秀なカウンターだが、
自身も攻撃に参加できるため、
仕掛け始めるウルトとしても優秀。

スピブを使い一気に詰めよう。

ソンブラのEMPにてシールドを剥がされてしまうので、
EMPの後にカウンターしよう。

EMPを喰らうと発動できないので、
警戒し喰らわぬよう隠れよう。


目次にもどる


■基本的な立ち回り


基本的な立ち回りは
多くの味方に影響を与えれるポジションを取り、
基本的には回復を、
詰めたい時・回復が間に合わない時などに
スピブをかけ素早く移動しましょう。

ルシオ単体では回復量が少ないので、
相方のサポートに目を配り、
絡まれてたらブープで妨害しましょう。

開幕はスピブにアンプをかけ
素早く移動しましょう。
(コントロールでは先に陣地を取れるので効果的)

余裕がある時、
デスした味方がいたら
迎えに行き復帰を早めましょう。

敵のフランカーが厄介な時は、
ブープでいなし返り討ちも狙えるので、
自衛しにくいヒーローからルシオに変えると
継戦力が上がり貢献しやすいでしょう。


目次にもどる


■相性の良い味方


タンクロールなら
【Death Ball】
近距離戦で戦うハルト、ザリアを
スピブで素早く接敵し支援できる。

【Dive】
マップにもよりますが(壁走り)
フランカーらに付いていけるサポートで
火力貢献もしやすい。

・オリーサ
ストップで浮かせた敵を
ブープでノックバックすると
慣性を抑え環境キルしやすい。
(連携難易度とても難しい)


ダメージロールなら
リーパー
近距離で強いリーパーの機動力を補助できる。

メイ
凍らせた敵をスピブで素早くフォーカスできる。
壁で射線を切り素早く接敵できる。

シンメトラ
とくにコントロールで
スピブ、テレポで先に陣地を取り
タレットを仕掛けより強固にできる。


サポートロールなら
回復量が少ないので
回復力が高いヒーローと相性が良い。

アナ
回復量が高く離れた味方も回復できる。
苦手なフランカーをルシオでカバーできる。

ブリギッテ
回復が不安定だが、
スピブで素早く接敵でき
ブリが活きやすい。
離れた味方も回復できる。


目次にもどる


■対処法、アンチピック


落とされないよう注意しましょう。

タンクロールなら
・ウィンストン
ルシオのスピードに付いていけ
エイム不要なので狙いやすい。


ダメージロールなら
ソンブラ
ハックでスピブを封じれる。
ドロビをカウンターできる。

・マクリー
中距離から圧をかけれ
接敵されてもフラバンで
動きを封じエイムできる。

・トレーサー
互いの技量次第だが、
逃がさずキルに繋げれる。


サポートロールなら
ブリギッテ
自衛力が高く
絡まれても味方を回復できる。

・モイラ
追尾エイムで対処しやすく、
黒玉で返り討ちを狙える。
絡まれてると回復できないので、
注意しましょう。


目次にもどる


■総評


撃ち分ける必要がなく、エイム・立ち位置に集中でき、
サポートの中では初心者にも扱いやすい。

加え、スピブによる押し引きは奥深く、
上級者にも多く使われる。

TOPプレイヤーは砂をキルに行くプレイもするが、
その間、味方の負担はとても大きいので、
仕掛けるタイミングは見極めたい。


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Death Ball】
【Rush Comp】
【Double Shotgun】
【Dive】
【Double Protect】
【Turtle】
【Ciassic Anti Dive】(312、222)
【The "Selhless"】
【3 Healer】(213)
【The Goats】(303)
【The Doats】(303)
【The Snows】(213)
【Sombla as Support】(231)
【Quad Tank】(402)
【Rein 5Support】(105)

参考になる有名なプレイヤー
・FunnyAstro
・Moth
・FDGOD
・Frogger
・Redshell
など

↓FunnyAstroによるルシオガイド(日本語字幕あり)↓


送料無料◆グッドスマイルカンパニー ねんどろいど オーバーウォッチ ルシオ クラシックスキン・エディション フィギュア (ZF60208)

価格:2,500円
(2020/7/12 00:49時点)




【Overwatchリンクまとめ】

目次にもどる


【OW】マーシーの特徴と立ち回り、操作設定etc【オーバーウォッチ】

全盛期は即時範囲蘇生、高回復と手軽なメインヒーラーとしての地位を確立しピック率1位を記録。現在はリワーク、度重なるナーフ(下方修正)によりお手軽なヒーラーではなくなった。しかし依然唯一無二の蘇生機動力を活かした安定回復を武器にCSではトップクラスの勝率を誇るヒーローである。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り、対処法
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手)

こちらに移転しました。


■特徴


マーシー(MERCY)
サポートロール(メインヒーラー)

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い


HP:200
火力:★☆☆☆ (ダメージブースト)
機動力:★★★★
回復力:★★☆☆ 単体回復、蘇生
耐久性:★☆☆☆ 自己回復+GA次第
汎用性:★★★☆
適正距離:中距離(全域)
対空性能:★★☆☆
ウルトの強さ:★★☆☆ 飛翔、範囲回復orダメブ、装填数∞
初心者オススメ度:★★★☆ 操作は簡単⇔味方依存しがち


目次にもどる


■アビリティ


≪カドゥケウス・スタッフ(回復)≫
回復量:55/s
射程:15m

1人にビームを繋ぎ回復する。
接続中の味方と射線が途切れても1秒間は接続が続く。

操作設定にビーム接続切り替え(OFFで長押し)がある。やりやすい方に設定しよう。

下記のダメブへの切り替えには時間がかからない。


≪カドゥケウス・スタッフ(ダメージブースト)≫※通称ダメブ
ダメージ:味方のダメージ1.3倍

1人にビームを繋ぎ、対象者の与えるダメージを増加する。
修正により被弾時に接続から、攻撃発射時に接続すると増加するようになった。

ダメージが増加する=ウルトの貯まりが早くなる
なので、強力なウルトや相手に効果的なウルトを持った味方のアシストにもなる。

スーパーチャージャーやナノブースト、アンプリケーションマトリックストと併用しても加算される。

ゼニの不和と差別化するためにも、味方との相性を考るようにしよう。(相性の良い味方後述)


≪カドゥケウス・ブラスター≫プロジェクタイル
ダメージ:20
ヘッドショット:あり
装填数:20
リロード:1s

サブウェポンとなるハンドガン。即着弾ではないが、ブレがなくHSも当てやすい。
距離減衰がないため、タレットを壊すのにも適している。

持ち替えがあるため基本的にはダメブの方が回復に繋ぎやすい。
なので、GA先がなく自衛する場合などに使おう。


≪ガーディアン・エンジェル≫※通称GA
CT:1.5s

味方の元へ飛んでいく。
味方が散らばっても回復ができる、敵の攻撃から逃げるなど生存率を高める重要なアビリティである。

デスした味方の元へ飛ぶこともできる。
ポイントが取られそうな時デスするのも一つの手だが、GAを活かし敵の攻撃を避けポイントで粘れると非常に厄介。

マーシーがデスしたときは、GAによる復帰を早めるため迎えに行こう。


追加操作や地形を利用し軌道や距離を変化させることができる。

・GAキャンセル
GA中にもう一度ボタンを押す(初期設定)と、その場で停止し距離を短くできる。
クールダウンを早めることができる。
攻撃に巻き込まれる場合など状況に応じて判断しよう。

操作設定に、GA切り替え(OFFの場合は長押し)がある。
ON(初期設定)だと1ボタンと操作は簡単である。
しかしGAの距離を調整するにはOFF(長押し)の方が早くより正確にできるためOFFに慣れることを推奨する。


・GAジャンプ
GA中にジャンプすると、加速しながら対象の味方より飛び越える軌道に変化する。
復帰時や、敵との距離を離したい時に使おう。


・GAハイジャンプエッジブースト
味方とマーシーの間に乗り上げられる程度の障害物がある際に、GAジャンプを使うと上空に飛び上がることができる。
ジャンプのタイミングは障害物に当たるとき。
味方が高台にいなくとも上空へ逃げられる。


・しゃがみGA垂直ジャンプ
しゃがみとほぼ同時にGAすると、通常時より低く滑空するようになる。
この時、GA終了間際、味方の対象に近づく際、元の高さに戻る挙動が起きる。
この挙動の最中にジャンプをすると、垂直に大きく飛ぶことが可能。

障害物がなくともできるテクニックなので、マーシーを使う人は咄嗟にもできるように練習しよう。


操作設定にGA‐ビーム接続を優先がある。
ON(初期設定)だとビーム接続中に他の対象にGAすることができない。
OFFにするとビームを接続しながら他の対象にGAできる
ONには回復していた対象を見なくてもすぐ戻れる、壁越しでも可能な利点があるが、ヒーラー随一の機動力を活かすためにもOFFに慣れることを推奨する。


リザレクト
CT:30s(デスしてもリセットされない)
効果時間:1.75s
範囲:5m

味方一人の体力を全回復し蘇生する。
クールタイムは重いが人数差が重要オーバーウォッチではリスポーンを大幅に短縮できる強力なアビリティである。

しかし、発動中回復は出来ず無防備である。
また発動中にノックバックなどで距離を放されても不発となりクールダウンが発生する。
それらの点から発動のタイミングは難しい。
味方が壊滅状態で一人を蘇生しても、その分のウルトをプレゼントする形になり、その対象者のリスポーンが余計に遅くなるためやってはいけない

基本的には人数差が微有利で回復に余裕があるときに蘇生するのが無難。
開幕事故死した場合などは積極的に蘇生したいが、射線に注意し味方に守ってもらう、遮蔽物に隠れながら蘇生すると良い。
また苦手なヒーローがいるキャラはピックを変えてもらうためにあえて蘇生しない判断も必要。(その相手が変える判断をするかは別として)


蘇生する対象の判断も難しい。状況にもよるが、
マーシーでは現状回復量が足りないため、相方ヒーラーは優先したい
・ダメージよりもタンクを優先(特にメインタンク)→前線を保つため。
・ウルトが貯まっているキャラを優先。(ウェーブを返せる可能性↑⇔返せなかった時のリスクは高い)
・機動力がないキャラを優先。→復帰の時間を短縮するため。
マーシーとトレードする形でカウンターウルトが貯まっているルシオやゼニ。

非常に強力なアビリティであるが、センスも問われるアビリティである。


≪エンジェリック・ディセント≫パッシブスキル
ジャンプを長押しすることで、高所からゆっくりと降下するようになる。

空中のファラについていく時、高台の味方から距離をおき見渡す時などに用いる。

ウィドウ、アッシュ、マクリーらに撃ち抜かれないように注意しよう。


≪リジェネレ―ション≫パッシブアビリティ
被弾後1秒後に自身の体力が20/s回復する。

このアビリティとGAの高機動を活かして、戦場を生き抜こう。


ULT:ヴァルキリー
ヴァルキリー・スーツが強化され、15秒間以下の効果を得る。
・空中を自由に飛び回れる。ジャンプで上昇、しゃがみで降下する。
・回復量が60に上昇する。
・回復/ダメブの射程が伸び、その効果が対象者を中心に複数範囲に行きわたる。
メイン射撃の弾速2倍、装填数が無限になる。→ファイナルブロウに適している。
GAの範囲移動速度が上昇する
自己回復が常時発動する
・追加のビームが敵のバリアを無視するように


回復/ダメブ範囲は単体から複数になるものの瞬間回復量は大きく変わらない。
その為ゼニやルシオのようなカウンターとしてあまり適していない。
積極的に使い押し切るように使おう。

自身が逃げる時などに使い起点とするのもあり。(不発に終わらぬよう逃げ切れる時に使うこと。)

自由に飛べるが、ソルジャーやマクリーのウルトには注意。伸びる射程を活かし遮蔽物に隠れてウルトを避けよう。


目次にもどる


■基本的な立ち回り、対処法


基本的な立ち回りは
自身で攻撃するのではなく、味方を回復/ダメブして戦う。
ビーム接続により自身と味方の位置がバレるため、特に最初の当たり合いでは接続のタイミングを見計らおう。

ナーフにより回復量が低下したため後手に回りやすい。
基本的にはダメブを活かしてダメージロールを支え人数差を作っていこう
タンクにべた付くのは厳禁。

メインヒーラーとしてアナやモイラと違い、敵に絡まれながら味方を回復/ダメブすることが可能
(追い返すことはできないが)
囮になりGAでの高機動を活かし避けることで、敵の火力を分散、削げると良い。

サポートトップの機動力から高低差が多いマップでも扱いやすい。
(アナはマップにより位置取りの必要がある。)
敵のスナイパーが上手いときは、機動力を活かし生存に繋げよう。


相性の良い味方として
ファラ、エコー
空中から盾の範囲外を狙うことが可能。空から味方を見渡せサポートがしやすい。
スナイパーでないと落とすことは困難である。

アッシュ、ウィドウ、ハンゾー
中~遠距離から盾の範囲外を撃ち抜ける。
マーシーの逃げ先を保証できる。
アッシュは200属をワンキルできるようになり特に相性が良い。

ゲンジ、トレーサー
キル速度が上がる。機動力があるため、マーシーも逃げやすく敵火力を分散できる。
特にゲンジは風斬りの性質上、キル速度上昇の恩恵は大きい。

バスティオン、ジャンクラット
盾割を早めることができる。ゼニの不和ではできない差別点。

ウィンストン
範囲攻撃であるためダメブの恩恵が大きい。
上空へのジャンプでマーシーの逃げ先を作れる。

・ロードホッグ
ダメブによりフックの確殺ラインが上がる。

・バティスト
タンクの回復に優れ、高台にアクセスできマーシーの逃げ先を作れる。
互いにシューターと相性も良い。

・アナ
タンクの回復は随一。

・ゼニヤッタ
相手に回復力で劣るため不和、ダメブを活かし前のめりに短期決戦を仕掛けよう。
ウルトもカウンターとして強力。


対処法として
蘇生で人数差を戻されるため真っ先にフォーカスしたいヒーローであるが、高機動ゆえ捉えるのも難しい。

ビームにより位置は把握しやすい。

ソンブラでハックすれば機動力を削げる。

ウィンストンやハモンドを使用する際は、マーシーとビーム接続先の間に割り込めば、GAをしづらくすることができる。

ノックバックがあり機動力のあるキャラ(ルシオ、ハモンドなど)は蘇生中に妨害するように動けると効果的。

オープンキューで相手が【4 DPS(141)】構成でないなら【Goats】構成で集団戦に持ち込むのが手っ取り早い。


目次にもどる


■総評


高機動を活かし囮になりながら、味方に安定した回復ができる。

【Goats】をメタるため度重なるダメージロールのバフも追い風で【4 DPS(141)】構成も生まれる。
多方からフォーカスし的を絞らせないように立ち回ろう。

GAのテクニック、蘇生のセンス、視野を広さなど技術が問われるが、使えるようになろう。


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Classic Dive】
【312 Dive】
【Pharah Mercy】
【Pharah Mercy 4DPS(Anti Goats)】(141)
【Ashe Mercy】
【W Sniper】
【El Presidente】
【Pirate Ship】※海賊船or戦車
【Symmetra Bastion】
【Pick Comp】
【NanoBleade】

参考になる有名なプレイヤー
・VALE
など

Overwatch(オーバーウォッチ) マーシー FUNKO/ファンコ POP! VINYL ミニフィギュア

価格:1,000円
(2020/7/12 01:02時点)



figma オーバーウォッチ マーシー[グッドスマイルカンパニー]《発売済・在庫品》

価格:7,430円
(2020/7/12 01:03時点)




【Overwatchリンクまとめ】

目次にもどる


【OW】バティストの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

2020100821011874f.jpeg
7人目に追加されたサポートヒーローで、高い範囲回復力精度の良い3点バーストによる高火力を合わせ持つ。加えジャンプ力、無敵を付与するフィールドを展開できるなど高い汎用性を持つ。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り
 ▶相性の良い味方
 ▶対処法、アンチピック
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手)

パッチ1.59調整
【こちらに移転しました。】


■特徴


バティスト(Baptiste)
サポートロール

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:200
火力:★★★☆
機動力:★★☆☆ ジャンプ
回復力:★★★☆ 範囲回復+一時無敵
耐久性:★★☆☆ 自己回復あり
汎用性:★★★☆
適正距離:中距離
対空性能:★★★★
ウルトの強さ:★★☆☆ 火力+回復効果↑
初心者オススメ度:★☆☆☆ 撃ち分け難しい


目次にもどる


■アビリティ


≪バイオティック・ランチャー≫
リロード:1.5s(メイン、サブ同時)

メイン射撃:3点バースト(ヒットスキャン)
ダメージ:12~24(1弾あたり)
弾数:45
ヘッドショット:あり
リカバリー時間:0.38s

即着弾で扱いやすいが、
3点バーストであり2・3発目は上向きに若干ブレるので、
反動のコントロールが求められる。


サブ射撃:ヒールグレネード(プロジェクタイル)
回復量:60
弾数:10
リカバリー時間:0.9

着弾点周囲の味方を回復する。

やや山なりに射出され弾速も速くないので、
タンク以外の味方に直接当てるのは難しい。
味方の足元を狙って爆風を当てるように使おう。

自身の回復には使用できない

メインとサブ両方のボタンを押しっぱなしにすると、
1.メイン、2.メイン、3.回復の流れで射撃を行う。

リロードがメインサブ同時のため、タイミングも見極めよう。

余裕がある時は真上に回復弾を撃つことで時間差で回復できる。


≪リジェネ・バースト≫
CT:13s
回復:15/1s(75/5s)
自己回復:30/1s(150/5s)
効果時間:5s

リジェネバーストを発動し、自分と周囲の味方のライフを徐々に回復する。

唯一の自己回復手段だが、
CTが長いので使いどころを見極めよう。

発動時、敵バリアによって射線が切れていると効果が届かない。

発動時に範囲内なら離れても回復が持続する


≪イモータリティ・フィールド≫※以下芋
CT:25s
耐久値:200
効果時間:5s

デバイスを前方に投げ、味方の死亡を防ぐフィールドを展開する。

フィールド内にいるとどんな攻撃を受けてもHPが20%以下にならない

うまく反応して使えれば非常に強力。

反面、耐久値があり破壊できる。

CTが非常に長く、使いどころが難しい。

フィールドから出れば効果がないので、ノックバックなどに注意。


≪エグゾブーツ≫パッシブスキル

しゃがみで溜め、高くジャンプする。

これによりバティストはいつでも高台を取ることができる。

フランカーに襲われたときの回避としても有効。

ただし空中にいる間はスナイパーの的になるので注意しよう。


≪アンプリケーション・マトリックス≫ULT※以下窓

窓を設置し、通過した攻撃・回復の威力が2倍になる。

基本的にはタンクの前後に設置する。

回転率がいいので自身に付与できるナノブのような運用も良い。

ファイアストライクで200族をキルできるので狙うのもあり。

前に置きすぎると、窓を通過され活かせないので
引き目に設置した方が活きやすい。


目次にもどる


■基本的な立ち回り


立ち位置は基本的に後衛になる。
バティストと味方タンク、敵タンクが一直線に並ぶ位置を意識して、回復しつつ火力面でも貢献しよう。

高台をとって安全圏から回復を回すのも有効だが、狙撃に注意。
またアビリティのCTが長いため、フランカーに絡まれると危険。
孤立しすぎないようにしよう。

ミリの敵はジャンプを活かし盾を無視しキルしきろう。

対空性能の高さだけでなく、
跳ぶことで弾を当てられにくいので、
対ファラでは積極的にピックしたい。

メインの回復とウルトに癖があるので、味方の構成によっては能力を活かしきれないことも。
【Dive構成】などでは回復しにくく、ウルトも活きづらく相性が良くない。

またバラバラになりやすい低レート帯では強みの範囲回復を活かしづらい。


目次にもどる


■相性の良い味方


タンクロールなら
【Poke】
戦闘範囲、ウルトが中・遠距離で活かしやすい。
2盾で前線が堅いので火力を出しやすい。

・ラインハルト、オリーサ
窓+ストップ+FSでキルに繋げやすい。


ダメージロールなら
・ヒットスキャン全般
ウルトを活かしやすい。
高台を容易に取れるスナイパーらとはなお相性が良い。

バスティオン【Bunker構成】
2盾に加え芋での場持ちによりバスティオンの火力を活かせる。


サポートロールなら
ゼニヤッタ【Poke】
バティストと合わせ高い盾割り性能が魅力
バティストの苦手な離れたDPSの回復がしやすい。

・マーシー
バティストがタンクを見て、DPSに専属できる。
マーシーの逃げ先をジャンプで作れる。

目次にもどる


■対処法、アンチピック


アビリティが強力なのでCTが回復する前にキルに繋げよう。

タンクロールなら
【Dive】
横の機動力はないのでフォーカスしキルしよう。
ハモンドのロールなら芋の範囲外に押し出しいなせる。

・ロードホッグ
芋の範囲外からキルできる。


ダメージロールなら
・フランカー全般
自衛しきるのが難しい。

ドゥームフィスト
芋を設置しても範囲から押し出される。


サポートロールなら
しいて言うならルシオ
芋を設置してもブープで押し出せる。


目次にもどる


■総評


汎用性が高いが撃ち分けが難しく、非常に忙しい。

サポートながら高い火力を合わせ持ち、
キャリーしやすいヒーローでもある。


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Poke】
【Bunker】
【Pirate Ship】※海賊船or戦車とも言う
【Symmetra Bastion】
【Death Ball】
【Orisa Hog】

参考になる有名なプレイヤー
・Viol2t
・mL7
・JJonak
など

↓mL7によるバティスト対ヒーロー解説(日本語字幕あり)↓



【Overwatchリンクまとめ】
【ワークショップコードまとめ】

目次にもどる


【OW】モイラの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

20180829104939903.jpeg
無敵の移動アビリティを備え自衛力が高く、メインヒーラートップクラスの範囲回復力を持つアナに次いで登場したサポートヒーローである。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り、対処法
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手、解説動画)


1.59パッチ調整
【こちらに移転しました。】

■特徴


モイラ(MOIRA)
サポートロール(メインヒーラー)

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:200
火力:★☆☆☆ 微追尾攻撃
機動力:★★☆☆ フェード
回復力:★★★☆ 近距離範囲回復
耐久性:★★★★ 無敵+自己回復
汎用性:★★☆☆
適正距離:近距離
対空性能:★★☆☆
ウルトの強さ:★★☆☆ 直線回復&ダメージ
初心者オススメ度:★★★☆ 自衛力↑、エイム簡単


目次にもどる


■アビリティ


≪バイオティック・グラスプ≫
メイン射撃(以下粉)/サブ射撃。

メイン射撃(粉)
回復力:70/s
射程:15m(近距離)
リソース消費率:14

目の前に粉?ガス?を撒き回復する。
範囲内であれば複数同時に回復可能

敵バリアを貫通できなくなったため気をつけよう。

粉が当たってから2s回復が持続する。交戦中は粉をまき続け、その他の状況では粉を2秒毎にまくと効率が良い。

量に上限があるため粉の振りすぎには注意しよう。

サブ射撃を連打で当てることで早く貯めることが出来る。ダメージは減るが覚えておこう。


サブ射撃
ダメージ:50/s
射程:20m(近距離~中距離)
自己回復:20/s
リロード:なし
ヘッドショット:なし
距離減衰:なし

ごく僅かに追尾するビームを出す。
射程はそこそこありファイナルブロウを取ることに長けている。

敵のバリアや盾は貫通できない。火力もないため範囲外の敵を狙おう。

攻撃を当てている間、自己回復する。
味方のヒールを優先するか、自己回復を優先するか判断力が問われるため、人数差、ウルトの有無などを考えて判断しよう。

粉のリソース確保のために攻撃を当てる必要がある
回復できなくなることのないようにしよう。

1.51.1.0パッチ調整にて
・付着する角度を37%縮小
・リソース回復率を50%↑


≪バイオティック・オーブ≫
CT:10s
回復力:75/s(最大300)
ダメージ:50/s(最大200)
持続時間:7s(上限を満たすと消える)
移動速度:20

回復(以下黄球)、ダメージ(以下黒球)を与えるオーブを放つ。
バリア・盾を貫通する。

壁や障害物に触れると反射する。閉所で効果的。

対象に触れないと速く移動するが、対象に触れると緩やかに移動する。

効率的には回復の方が良い。
味方/敵との火力を見て、どちらのオーブを投げるか判断できるしよう。

DVa、シグマには消され、ゲンジには跳ね返される
DVa、シグマの前に投げない(黒球より黄球のが味方に投げるため消されにくい)、木の葉返しを見てから投げるようにしよう。

パッチ1.48にて
黒玉のダメージ範囲が5m→4m


≪フェード≫
持続時間:0.8s
CT:6s
移動距離:18.75m

短時間だが無敵となり高速移動が可能。

使用中に慣性がかかり、終わり際にジャンプをすることで移動距離を伸ばすことができる

ザリアのサージから脱出でき、D.Vaの自爆など瞬間的に火力を出すアビリティもタイミングを覚えれば回避できる。
RIPタイヤには近づきフェードで逃げ味方の被害を抑えることが可能。
アナの阻害瓶は受けてもフェードで無効化できる。

タイマン時に(自衛力があるが火力がないため避けた方が良いが)フェードで裏を取るだけでなく、相手の意表を突きその場に留まるのも効果的。
相手が対モイラに慣れているか見極め、勝てそうなヒーローなら制していこう。(基本的には味方と合流する方が無難だが笑)


≪コアレッセンス≫ULT
回復力:140/s
ダメージ:70/s
自己回復:50/s
持続時間:8s
射程:30m
ヘッドショット:なし
移動速度:9m/s

回復と攻撃を同時に行えるビームを放つ。発動中移動速度がやや上がる。

ダメージより回復力の方が上である。つい攻撃しがちになるがファイナルブロウが取れそうなとき以外は、基本的には味方の回復を優先しよう。

バリア・盾を貫通でき、範囲内の味方・敵を巻き込めるため、良い位置取りができるように立ち回ろう。

ウルトの回転率が良く、粉のリソース確保にもなるため積極的に使っていこう。
発動中アビリティが使えないため、オーブを投げてから発動しよう。この時は黒球を投げるといいだろう。

サブ射撃以上にエイム力を要し、大きな欠点として発動中フェードが使えない
積極的に使いたいが、ハルトのシャターなどCCに注意しよう。


目次にもどる


■基本的な立ち回り、対処法


基本的な立ち回りは
瞬間回復力が高く、複数回復ができるため味方と固まって動くと良い。

ウルトの性質上、ドラドAの坂、ルート66のポイントC、キングスロウなどの直線状で比較的狭いマップではより活躍しやすい。

黄球は確実に狙った回復が難しく、機動力、とくに縦の移動には付いていけないため味方の【Dive構成】、フランカーとは相性が悪い

敵/味方のグラビトン・サージと相性が良く、固まって動きやすい【Death Ball構成】は相性が良い。

トレーサー、ゲンジなどのフランカーもサブ射撃の性質上対処しやすい。
敵フランカーが活躍しているときはピックして、相方ヒーラーを守ろう。

射程が意外と長いため、ファラもキルには至らないが比較的見やすい。
しかし、敵に気を取られすぎていると回復が疎かになるため、ダメージロールが対処する方が良い。

メイを相手にしやすい訳ではないが、離脱スキルを持つため他サポートヒーローより生存力が高くなる。


相性の良い相方サポートとして
ゼニヤッタ
モイラの回復できない離れた味方を回復でき、苦手なフランカーに対しモイラが強い。

・アナ(エイム次第)
モイラの回復できない離れた味方を回復できる。高い回復力を持つ二人のため、人数差を作られにくい。


全ての攻撃手段に言えるが、
・ヘッドショットがない。
・攻撃も複数ヒットするためアーマー持ちに弱い。

つい攻撃しがちになるが、基本的には火力より回復力のが圧倒的に高いので、あくまでもサポートであることを忘れてはならない


対処法としては
フェード後は逃がさないようにしよう。

タンクロールなら
・ハルト、オリーサ、シグマ
盾割性能が低く自己回復も狙えない。
ハルトのウルトはフェードで逃げ味方の回復に徹しよう。
オリーサのスーパーチャージャーはウルトで壊そう。ストップのビームに触れる前ならフェードで逃げれる。
シグマのグラスプでオーブを吸収されないように、ウルトはフェードで逃げよう。

D.Va
アーマーがありダメージを与えにくくオーブを消せアビリティを封じれる。
自爆を使用した際は黒球を当て子D.vaをキルしてフェードで回避しよう。

・ロードホッグ
フェードを見てからフックで確殺できる。
フェードを温存すればフック後も逃げれる。
またサブ射撃の間合いはフックと同じ距離。


ダメージロールなら
・バスティオン、マクリー、ハンゾー、アッシュ、ウィドウ、ソルジャー76
射程外からキルを狙える。

・リーパー
間合いなら正面から撃ち勝てる。距離を十分にとって戦おう。


アーマー持ちに弱いためバス、D.Va、ハルト、ウィンストン、オリーサ、ブリギッテ、トールビョーンは苦手と言える。(ダメージを出す役割ではないため参考程度に)

などが挙げられるだろう。


目次にもどる


■総評


モイラは自衛力に優れ野良でも使いやすいメインヒーラーである。

しかし、バティストの追加(同じ範囲回復、縦の移動で劣る)、火力が乏しすぎる点からフランカーに強い、ウルトを活かしやすいマップ、生存力の高さを活かした必要になってくる。


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Classic death Ball】
【3 Healer(213)】
【The Goats(303)】
【Double protect】
【Tracer Sombra Dive】
【Rein 5Support(105)】


参考になる有名プレイヤー
・ML7
・KarQ
・Tesla
など

↓KarQによるモイラ解説(日本語字幕あり)↓



オーバーウォッチ OVERWATCH フィギュア Pop! Games: Overwatch - Moira

価格:5,073円
(2020/5/4 20:26時点)




【Overwatchリンクまとめ】
【ゴールド帯からプラチナ帯に上がるためのポイント5選】

目次にもどる


【OW】ゼニヤッタの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

20181111184008de6.jpeg
機動力、耐久力こそ皆無ながらサポートとは思えないほどの高い火力を持ち、相手のウルトをほぼ完封できる強力な心頭滅却を使用することが可能なヒーローである。


■ 目次



 ▶特徴
 ▶アビリティ
 ▶立ち回り、対処法
 ▶総評
 ▶関連リンク(構成と有名選手、解説動画)

1.56パッチ調整
【こちらに移転しました。】


■特徴


ゼニヤッタ(ZENYATTA)
サポートロール(サブヒーラー)

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い


HP:200(ヘルス50、シールド150)
火力:★★★★ 単体与ダメージ↑
機動力:★☆☆☆
回復力:★☆☆☆ 中距離単体
耐久性:★☆☆☆ 
汎用性:★★☆☆
適正距離:中~遠距離
対空性能:★★★★
ウルトの強さ:★★★★ 無敵+高回復
初心者オススメ度:★★☆☆ 操作シンプル⇔エイム力要す


目次にもどる


■アビリティ


≪破壊のオーブ≫
ダメージ:48
フルチャージダメージ:240
ヘッドショット:あり
装填数:20
距離減衰:なし
リロード:2s

身に着けているオーブを飛ばし攻撃する。
メイン射撃は単発、サブ射撃はチャージして最大5発ほぼ同時に単発より速い弾速で飛ばせる。
距離減衰もないため、タレットは積極的に壊そう。

チャージ中は調和、不和が付け変えれないため基本的には単発で攻撃しよう
接敵していない状況で長距離の敵を狙ったり、フランカーが近づいてくる直前の自衛として、ファラを狙うときなどにチャージを用いよう。

リロードこそ遅いが弾速、射程距離に優れサポートロールの中では不和と相まって屈指の火力を誇る。
自衛力こそアビリティでないもののエイム力次第で返り討ちにすることも。

後述する不和はメイン攻撃の後に敵に付けよう。不和のモーションによりメイン攻撃のモーションがキャンセルされ瞬間火力が上昇する。


≪調和のオーブ≫
回復力:30/s

味方に回復するオーブを付与する。
対象の1人しか回復できないが、射線が通れば自由に付け替えが可能。
射線が途切れると3秒後戻ってくる。この性質は不和も同じ。

回復量は少ないが射線が通る範囲の味方を回復できるため、ダイブ構成で使用されるゲンジ、トレーサー、ウィンストン、D.vaなど高機動で前線で戦う味方と相性がいい

ファラを狙う際アナでは味方の回復が疎かになるが、調和なら付けておくだけで回復できるため対ファラの性能が高い


≪不和のオーブ≫
ダメージ:1.3倍

敵に被ダメージ増加のオーブを付与する。

敵1人に対して味方全員の攻撃力が上げるので、自分が狙う敵に付与するよりも味方と交戦してる敵にしばらく付与する方が効果的である。

自身が攻撃されている時は、その敵に付与して味方とフォーカス合わせて返り討ちにしよう。

ファラに付与することで、味方も落としやすくなるため状況にもよるが不和を付けていこう。


≪心頭滅却≫ULT
回復力:300/s
移動速度:+100%
範囲:半径10m
持続時間:6s(その間無敵)

攻撃できなくなるが、周囲の味方を超回復する非常に強力なウルト。

基本的に敵のウルトのカウンターで発動するが、ほぼ効果のないウルトもあるので注意。

例:デッドアイ、RIPタイヤ、自爆、メテオストライクなど超火力のアビリティはダメージ>回復力となり守り切れない。
またアナの阻害瓶を合わせられると回復できなくなる。

自爆の爆破時にジャンプを行うことで、高台に登ることもできる。有利なポジション取りに覚えておこう。

仲間に大ダメージが当たらないよう立ち回ることもできる。
チャージなら引き受ける。
自爆なら味方に当たらぬよう肉壁になる。
デッドアイならマクリーの目の前で射線を強引に塞ぐなど。
ウルトの残り時間、立ち位置などを考慮して判断しよう。

敵のグラビトンサージには相性が良いため合わせて発動しカウンターしよう

アースシャタ―にも合わせたいが、自身がくらっては発動できないので射線に注意し立ち回ろう

マインフィールドを壊す際は、味方が爆破ダメージに巻き込まれるので注意しよう。

EMPに反応し直前に反応できるようになったら上級者と言えるだろう。相手が上手いソンブラだとロケーターを陣地に投げるを繰り返し牽制してくるが、これの対処は非常に困難であるため他の場面で使っていくことも考えよう。

ワークショップ
コード:PS3P4

ゼニヤッタでEMPに虹彩をカウンターする練習ができます。
※チーム2に"HARD"のソンブラを追加してください。


その他、自身やメインタンクがやられそうな時は状況にもよるが、使わずにデスするよりは発動したほうが良いと考える。
その方が前線を維持できより長い時間を稼ぐことができるためである。この判断は難しいところである。
(明らかにこちらが人数差で有利な時などはリスポーン時間を想定して使わないなどの判断も必要。)


目次にもどる


■基本的な立ち回り、対処法


基本的な立ち回りは
前線にいるフランカーらに調和を、優先的に落としたいヒーラー、メインタンク、火力出しているDPSに不和を付与する。
自身は全体を見渡せ射線が通りづらい高台などの後方に位置すると良い

回復力が低いため、タンクよりはメインヒーラーとメインヒーラーが回復しづらいキャラを見るようにしよう
そのため、メインヒーラーの回復しにくいフランカーとは相性が良い。

また、回復力の低さから長期戦は不向きである。
高い火力を活かし火力差で優位に立とう。
盾割りだけでなく、時には側面を取り1ピック取る必要もある。

ダメージ、サポートを落とすのも大事だが強力なカウンターウルトとなるため、タンクを狙い素早くウルトを貯めるのも効果的である。

ウルトが溜まった際は、発動して回復が間に合うようにやや前線に近づく、すぐ巻き込める範囲に位置を取ろう


相性の良いサポートとして
ゼニの回復力が低いのでメインヒーラーを合わせたい。

モイラ
回復力が高く範囲回復が可能でフランカーに強い。

バティスト
ゼニと合わせ盾割りが強くなり、範囲回復が可能だが互いにフランカーに強いとは言えない。

・アナ
回復力に優れるが自己回復がないため、互いにHPの管理が重要となる。


対処法として
・不和を付けられたら返り討ちにあう可能性も高まるため、近くの遮蔽物や盾の内側に隠れると安全。

・機動力がないので【Dive】でフォーカスしたりフランカーでの奇襲やシューター、スナイパーらで撃ち抜こう。

・【Double Protect】ならゼニの射線を抑えウルトも貯めることが困難。最も辛い構成。


上記のアンチピックをされ複数人で攻められたら対処できないため、味方の構成にもよるが自衛力あるヒーラーに変えよう。


目次にもどる


■総評


機動力こそないものの非常に高い性能、唯一と言えるデバフを持つことから実装時から使用率が高かった。
その後、サージの範囲弱体化、高火力環境化で心頭滅却をフォーカスして上から破る戦術が広まったため、一時的に使用率は減少。

しかし、その後台頭した【Goats】構成に採用されるだけでなく、その調整による高火力環境となり自身も火力貢献できるゼニヤッタは依然使用され続けた。

味方依存になりがちなサポートの中では依然エイム力でキャリーできるヒーローのため、エイム力に自信があればピックするとダメージ並みに活躍できる。
その高い火力から無理して前線に出てしまいがちだが、ゼニヤッタは他ヒーラー以上に、生きることで味方に貢献できるサポートヒーローであることを忘れてはいけない
(人数差出来て残りの敵をキルしたい時などは無理してデスするより味方に任せ良ポジに戻ろう。)


目次にもどる


■関連リンク


主に使用される構成
【Classic Dive】
【Poke】
【3 Healer】(213)
【The Goats】(303)
【312 Dive】
【Orisa Hog】
【Pirate Ship】
【Triple DPS Dive】(132)
【Hog D.va】
【Rein 5Support】(105)

参考になる有名なプレイヤー
・JJonak
・Viol2t
・BOOMBOX
・Dogman
・KarQ
・SLEEPY
なrど

↓KarQによるゼニヤッタ対ヒーロー解説(日本語字幕あり)↓



figma オーバーウォッチ ゼニヤッタ[グッドスマイルカンパニー]《発売済・在庫品》

価格:6,590円
(2020/5/4 20:58時点)




【ワークショップコードまとめ】
【Overwatchリンクまとめ】


目次にもどる